高血圧の症状



高血圧症の症状は、脳梗塞や心筋梗塞などを併発する可能性が高く、望まれるのは症状緩和ではなく高血圧改善です。

高血圧の症状は心疾患や脳血管疾患を併発する恐れあり

   
高血圧の症状は脳梗塞や心筋梗塞患などを併発
 望まれる高血圧改善
    
カテゴリ
症 状
塩 分
内 容
効 果
   
記事内容
血圧を下げる食事法 自宅で出来る高血圧改善「藤城式食事法」
     
高血圧の症状は脳梗塞や心筋梗塞患などを併発 望まれる高血圧改善
    
高血圧の薬は認知症を早めるかもしれない 薬に頼らぬ藤城式食事法
    
高血圧の人は塩分を控えなければならない って ホント?
   
高血圧は食事や生活習慣の改善が要 日本の高血圧患者の為の食事療法
     
自宅で血圧を下げる方法 病院の指導とは全く違う効果的な食事療法
    
きつい運動せずとも高血圧を自宅で改善 病院とは全く違う食事療法
   
血圧を下げる藤城式食事法の内容は自宅で手軽に実践できる内容
   
運動や塩分控えめの食事でも効果が感じられない血圧に悩む方々に
   
     
リンク
腰痛改善 自宅で出来るストレッチ「中川式腰痛治療法」
   
   
広告
連雲「水晶塩」1kg【リンクスモール】
連雲「水晶塩」1kg
  
高血圧の症状は統計を考えますと、やはり怖い病気であることに間違いありません。


統計によりますと、主な死因別死亡数の割合(平成20年)ですが、

・悪性新生物(ガン) 30.0%

・心疾患       15.9%

・脳血管疾患     11.1%


日本人の死因の1位は、やはり ”ガン” です。

そして2位、3位と続くのが ”心疾患” 、 ”脳血管疾患” です。


この2位、3位である心疾患や脳血管疾患に代表されるは、心筋梗塞患や脳梗塞で、

いずれも高血圧の症状によってもたらされており、

平成20年度の統計ではありますが、心疾患や脳血管疾患を合わせますと27%となり、

ガンに匹敵する位の死亡数になってしまいます。



更に、高血圧はサイレントキラー(静かなる殺人者)

とも呼ばれたりしていますが、

痛みを伴わないので、高血圧の症状は、

時として一撃必殺で命を奪う恐ろしい病気なのです。


高血圧は、今ではあまりにも一般的な病気になってしまい、

「恐ろしい」というイメージから離れてしまっているようですが、

血管がボロボロになる怖い病気ですので、

ナメてはいけません。


高血圧症によって併発する心疾患は心臓病で、心肥大、心不全、心筋梗塞など、

脳血管疾患は、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが上げられます。



高血圧症によって併発する症状の名称を聞きますと、

即、命にかかわる症状で有り ゾッ! としませんか? 


それに、運良く一命をとりとめたとしても長いリハビリや寝たきりという事もあり、

それを考えれば、本人のみならず家族への影響も計り知れないものがあります。





高血圧は、本人も気付くことなく、何年、何十年という、

ナガ〜イ ナガ〜イ 時間をかけ進行してくる

生活習慣病です。


しかし、高血圧症が暴れ出しますと、

予告なしに一気に命に関わる緊急事態となります。


従って、年に1回の健康診断は自分の健康状態を知る上で大切ですし、

早期発見早期治療にもつながりますので、

「オレ」は、 「私」は、 若いころに身体は鍛えたし、

普段から健康には気を使っているから大丈夫。


それに、 忙しいから・・・、 などと安易な考えで、

健康診断は受けない ということが無いようにしてほしいですね。



そして、不幸にして高血圧症と診断されてしまった方や、

或いは、長い間高血圧症とお付き合いしているのであれば、

薬に頼る症状緩和では無く、望まれるのは高血圧改善であり、

薬やきつい運動などの対処法に頼らない食事療法により高血圧を改善し、

健康を取り戻していただきたいと思います。



    
このページのTOPに戻る
  
  
Copyright (C) 血圧を下げる食事法 高血圧症状も改善「藤城式食事法」 All Rights Reserved